通販専門の総合水泳誌「月刊スイミングライフ」のHP
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
--/--(--)|スポンサーサイト
カテゴリー| スポンサー広告|
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/08(日)|灼熱プールサイド 【日本水泳選手権2018編】vol.3
カテゴリー| 未分類|

第5日目


悪くはないのだけど


期待通りの熱戦だった男子200m平泳ぎ、執念の勝利を見せてくれた女子200mバタフライでの持田早智選手の泳ぎ、正に安定の男子200m背泳ぎの入江陵介選手。そして、この日も日本記録を更新して見せた池江璃花子選手の女子100m自由形での泳ぎなど、見所はあった。
決して、退屈な訳では無い。だけど、何か物足りないものを感じながらの観戦だった。

この日、最も印象的だったのは女子200mバタフライ。
昨年の覇者、長谷川涼香選手がレースを引っ張るもラスト50m失速。その間隙をぬってリオ五輪では800mリレーで出場した持田早智選手が猛追。2:08.61で勝った。(派遣標準には0.7及ばず)。リオ五輪以降思うような泳ぎが出来なかった持田選手の涙のインタビューは心打つものがあった。

男子200m背泳ぎは、正に安定・盤石。入江陵介選手が危なげなく11度目の優勝。2位には砂間敬太選手が1:56.72で入り初の国際大会内定を決めた。

最も注目を集めた、男子200m平泳ぎ。世界記録保持者、渡辺一平選手。ブダペスト世界選手権の銀メダリスト小関也朱篤選手は2年連続の3冠を狙う。
レースは、今大会50m平泳ぎで日本記録を更新している小関也朱篤選手が引っ張る。渡辺一平選手が着いていき、150mのラップを奪うが最後力尽き、小関也朱篤選手の勝利。両選手とも2:08秒台で泳ぎ派遣標準突破。

ここまで書いて感じていた”物足りなさ”の正体に気がついた。
第1人者の「次の手」あるいは「詰め切れなさ」が感じられた。
女子200mバタフライを昨年好タイムで制した長谷川涼香選手は、ラスト50m失速した。
渡辺一平選手もラスト本来の伸びが見られなかった。「目を覆いたくなるようなタイムか?」と、いわれればそうでもない。だけど、勝負に勝つためのもう一歩の「詰め」が出来ていないように感じられた。入江陵介選手の11回目の優勝もそう。1回勝つだけでも大変なことなのにそれを11回続けている。それは本当に凄い事だ。だが、逆に言うと他の選手がそれを許しているという事になる。派遣標準突破だけが目的になって、本来あるべき”この種目で勝つ”という意識が希薄になっているのでは無いだろうか。

準決勝では、女子100m自由形で池江璃花子選手が今大会4個目の日本新となる53.46で1位通過。レース後のインタビューでは「思った以上にタイムが出て驚いています。」「最終日2種目(女子100m自由形、女子50mバタフライ)とも日本記録を出します」と記録更新に自信を見せた。

男子100m自由形は、中村克選手が一人48秒台の48.25の好タイムで1位通過。8位通過が49.94と高レベル。決勝では複数の49秒切りが見てみたい。

女子200m平泳ぎも、群雄割拠。代表内定が決まっていない渡部香生子選手1位通過、今井月選手が5位通過。対して100m平泳ぎで代表入りが内定している鈴木聡美選手が3位通過、青木玲緒樹選手が4位通過。意地とプライドがぶつかる決勝が面白い。

復活の兆しが見え始めた女子200m背泳ぎはラスト50mでするするっと出た赤瀬紗也香選手が2:09.87で1位通過。2位通過の白井璃緒選手、100m背泳ぎで勝った小西杏奈選手、好調の酒井夏海選手らと共に派遣標準2:09.11を目指す。

男子100mバタフライは混戦。1位通過の小堀勇気選手が52.11、8位通過52.79。0.68の中に8人が揃う。混戦のから抜け出し派遣標準(51.76)突破を目指して欲しい。
スポンサーサイト
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/08(日)|灼熱プールサイド 【日本水泳選手権2018編】vol.2
カテゴリー| 未分類|

第4日目(4月6日-金-)


4日目から現地入り。(実は、4/5夕方に東京に来ていたのだが、本職が忙しくホテルで仕事をしていた。)

群雄割拠


昨日、一昨日のレースを振り返ると、古賀淳也選手の50m背泳ぎ9連覇や、男子100m背泳ぎで入江陵介選手の7度目の優勝、男子100m平泳ぎでは小関也朱篤選手が5連覇などその種目のベテラン選手の勝利が目に付く。

しかし、今日の目玉はそうではなかった。
ラストに行われた男子200mバタフライ。
リオ五輪銀メダリスト坂井聖人選手を中心に、ブダペスト世界選手権銅メダリスト瀬戸大也選手、予選1位通過の矢島優也選手、伸び盛りの若手、幌村尚選手と正に群雄割拠。誰が勝つのか全く分からないレース。五輪のメダリストでさえも簡単には勝てない状況。
レースは混戦の中、150mで抜け出した幌村尚選手がラストも落とさず1:53.79という非常にレベルの高い記録(ブダペスト世界選手権3位相当)で初優勝。2位には男子200m個人メドレー決勝から30分後という悪条件の中、ラスト50mにかけたレースで、瀬戸大也選手が入いった(国際大会代表内定)
幌村尚選手は高校時代の活躍があり、大学進学でもその勢いを継続している。この勢いが東京五輪まで続くと....面白い事になりそう。

男子50m自由形は、長年続いた中村克選手VS塩浦慎理選手の構図が崩れた(昨年の日本選手権は両者同着1位。)。優勝はこの冬から好調の中村克選手(22.12)だったが2位に中尾駿一選手(22.15)が割って入った。

ベテラン選手のがんばりがあり、底上げがある状態。
これが競泳界の発展を支える。
連覇が続く種目においても、決勝ラインが上がったり、1位と下位との差が縮まっている。
これが続けばバネの反発のように一気に記録が上昇する可能性がある。

女子200m個人メドレーは、ブダペスト世界選手権銀メダリストの力を発揮し一度もトップを譲らず大橋悠依選手が2:08.92で優勝。2位には寺村美穂選手が派遣標準記録を突破して入った。
女子50m自由形では”また”池江璃花子選手が自己の持つ日本記録を0.12縮める24.21で国際大会代表内定。

萩野公介選手の泳ぎに注目が集まった男子200m個人メドレーは、終始積極的なレース運びで萩野公介選手が勝利。
記録も1:56.37と悪くない。2位には安定の瀬戸大也選手が1:56.85で入った(国際大会代表内定)。萩野公介選手は男子400m個人メドレーに出場予定。どんな泳ぎを見せるか注目される。

女子400m自由形は五十嵐千尋選手が終始レースを引っ張り4:08.89で6連覇。2位には注目の若手、小堀倭加選手が4:10.09で入った。
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/07(土)|灼熱プールサイド 【日本水泳選手権2018編】vol.1
カテゴリー| 未分類|
毎年、日本選手権の観戦記を掲載させていただいている。
できる限り、会場に足を運び、”生”の空気を大事に、またSWIMMING VIEWの個性を大事に記事を書いてきたつもりだ。
しかし、今年の春は本職が非常に忙しく1日目から3日目の映像もまともに見る事ができていない。
また、まともな準備もすることができなかった。
そんな中、なんとか4日目から東京辰巳水泳場に入り観戦する事ができた。そこで、今回は4~6日目の競技を中心に観戦記を書きたいと思う。

まず、2018年度日本選手権の位置づけだ。
2016年にリオ五輪を終えた日本競泳界は、2017年から2020年東京五輪に向けての一歩を踏み出した。
2017年に行われたブダペスト世界選手権では、大橋悠依選手、小関也朱篤選手や渡辺一平選手といった新たなメダリストが誕生し、銀メダル4個、銅メダル3個という活躍を見せた。
しかし、金メダルを獲得することが出来ず課題を残した。
2018年は東京パンパシフィック選手権(2018/8/9~2018/8/12|東京辰巳国際水泳場)そして2018年ジャカルタ・アジア大会(2018/8/18~9/2|インドネシア)という国際大会が行われる。
例年、これらの国際大会には(五輪や世界選手権に比べ)多数の選手が選考される。
2020年東京五輪を2年後に控え、このチャンスを生かして世界に飛び出していくというのが東京五輪の足がかりとなる。
2018年日本選手権はそれらの国際大会の第一次選考会である。
選考基準は、個人種目(五輪種目)においては「標準記録を突破して2位以内に入った選手。」ということになる。

それでは、1日目~3日目の結果を簡単にまとめたいと思う。


第1日目(4月3日-火-)


この日は2つ日本新が誕生した。
まずは予選女子50m平泳ぎの予選で鈴木聡美選手が自身の記録を0.02更新する30.64。(決勝は固くなったのか、30.95)。また、準決勝:女子100mバタフライではこの冬から絶好調の池江璃花子選手がリオ五輪で自身が記録した記録を0.31更新する56.58。今大会の主役候補として堂々の名乗りで。
決勝:男子400m自由形は江原騎士選手が萩野公介選手を押さえ3:46.64の好タイムで優勝。派遣標準も突破し今大会初の国際大会代表内定1号となった。敗れた萩野選手は、江原選手に1.83差をつけられ「ちょっと整理する時間をください」とコメント。今後に不安を残した。
決勝:女子50m背泳ぎは酒井夏海選手が従来の記録を0.11縮める27.82の高校新を樹立。低迷する女子背泳ぎに明るい兆しを感じられた記録更新だった。
準決勝では、男子100m平泳ぎで小関也朱篤選手が北島康介選手が持つ日本記録に0.06と迫る58.96の好タイム。

第2日目(4月4日-水-)


第2日目でこの大会の主役は決まってしまった。
池江璃花子選手が決勝:女子100mバタフライで前日更新した日本記録をまた、0.2更新し56.38。今大会4種目にエントリーしているが全ての種目での日本記録樹立が可能なのでは?と思わせる充実振り。
また、決勝:男子50mバタフライでは伏兵、井田憲吾選手が高速水着時代に高安亮選手が樹立した記録を0.05更新。
決勝:男子100m背泳ぎでは入江陵介選手が、決勝:男子100m平泳ぎでは小関也朱篤選手と各種目の第1人者が手堅く勝利。派遣標準記録も突破して国際大会代表内定を果たした。
準決勝では、女子100m背泳ぎで、昨年の覇者、小西杏奈選手が1:00.04で1位通過。2位に50m背泳ぎを高校新で制した酒井夏海選手が入り、決勝での派遣標準(1:00.08)切りが楽しみになった。
実力者が揃った女子100m平泳ぎは、青木玲緒樹選手が1:06.59で1位通過。2位通過に渡部香生子選手、3位通過に今井月選手、4位通過に鈴木聡美選手と続き、決勝の激戦が面白くなりそう。
女子200m自由形は五十嵐千尋選手が1:58.76で1位通過。
萩野公介選手が欠場した男子200m自由形は坂田怜央選手が1:47.80で1位通過。2位通過に江原騎士選手。

第3日目(4月5日-木-)


日本記録が1つ誕生した。男子50m平泳ぎで小関也朱篤選手が自身の記録を0.05縮める27.12。
また、この日は多数の国際大会代表内定獲得者が出た。
まずは、男子1500m自由形で竹田渉瑚選手が14:55.42で派遣標準切りで優勝。
ブダペスト世界選手権では代表を出せなかった女子100m背泳ぎは、小西杏奈選手(59.62)酒井夏海選手(59.83)の二選手が派遣標準を突破。
激戦だった女子100m平泳ぎは青木玲緒樹選手が日本記録に0.02と迫る1:05.90の好タイムで優勝。2位の鈴木聡美選手も1:06.52で泳ぎ代表内定。
萩野公介選手不在の男子200m自由形は松元克央選手が1:45.93の自己ベストで制し、2位に江原騎士選手(1:46.35)ともに派遣標準を突破した。
他に、男子50m背泳ぎでは古賀淳也選手が24.56で9連覇。 
女子200m自由形は五十嵐千尋選手が1:57.73で制し、2位に大橋悠依選手が入った。
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
03/26(日)|灼熱プールサイド2017:日本選手権編準備中!
2017年日本水泳選手権(名古屋・日本ガイシアリーナ:2017/4/13〜16)開催を控え、現在、2017年日本水泳選手権観戦記「灼熱プールサイド2017:日本選手権編」を準備中です。
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(日)|速報【決勝:女子200m背泳ぎ】
 1 酒井 夏海 スウィン南越谷 01 2:10.43 (860pt)
 2 川除 結花 イトマン 93 2:10.71 (855pt)
 3 後藤真由子 神奈川大学 95 2:10.91 (851pt)
 4 白井 璃緒 JSS宝塚 99 2:11.28 (843pt)
 5 寺本 瑠美 神奈川大学 96 2:11.97 (830pt)
 6 神村万里恵 セントラル成瀬/明治大学 94 2:12.42 (822pt)
 7 大橋 悠依 東洋大学 95 2:12.81 (815pt)
 8 高橋 美紀 中京大学 95 2:12.97 (812pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(日)|速報【決勝:男子100mバタフライ】
 1 藤井 拓郎 コナミスポーツクラブ 85 52.03 (877pt) メドレーリレー派遣標準突破
 2 川本 武史 中京大学 95 52.36 (861pt)
 3 安江 貴哉 日本大学 96 52.43 (857pt)
 4 梅本 雅之 KEIO 94 52.64 (847pt)
 4 浜谷 憲周 JFE京浜 94 52.64 (847pt)
 6 岸田 真幸 アクラブ調布 85 52.67 (846pt)
 7 坂井 聖人 早稲田大学 95 52.75 (842pt)
 8 浮島 直登 日本大学 95 52.87 (836pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(日)|速報【決勝:女子50m自由形】
 1 池江璃花子 ルネサンス亀戸 24.76 高校新・WJ新 (880pt)
 2 内田 美希 東洋大学 95 25.19 (836pt)
 3 松本 弥生 ミキハウス 90 25.53 (803pt)
 4 佐藤 綾 新潟医福大 94 25.55 (801pt)
 5 大内 紗雪 ダンロップSC 02 25.56 (800pt)
 6 田辺 詔子 イトマン 93 25.57 (799pt)
 7 山口 美咲 イトマン 90 25.61 (795pt)
 8 山根 優衣 セントラルスポーツ/日本大学 94 25.68 
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(日)|速報【決勝:男子50m自由形】
 1 中村 克 イトマン東進 94 22.09 
 2 塩浦 慎理 イトマン東進 91 22.14 
 3 伊藤 健太 ミキハウス 90 22.40 
 4 古賀 淳也 第一三共/スウィン埼玉 87 22.46 
 5 松井 浩亮 新潟医福大 職 94 22.79 
 6 小長谷研二 岐阜西SC 87 22.80 
 7 中尾 駿一 岡山大学  95 22.82 
 8 川内 勇輝 自衛隊  86 22.94 
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(日)|速報【決勝:男子1500m自由形】
 1 山本 耕平 ミズノ 91 14:57.12 (915pt)
 2 平井 彬嗣 郵船ロジ 93 15:02.25 (899pt)
 3 吉田 惇哉 日大豊山高校 99 高3 8:04.17 15:10.41 (875pt)
 4 竹田 渉瑚 イトマン /法政大学 95 大4 8:05.91 15:16.75 (857pt)
 5 瀧口 陽平 JSS長岡 92 15:18.24 (853pt)
 6 谷 健友 中京大学 96 大2 8:10.64 15:19.22 (850pt)
 7 仲家 槙吾 アクラブ調布/明治大学 96 大2 8:09.53 15:24.59 (836pt)
 8 日髙 郁弥 愛水教 94 15:34.14 (810pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/09(土)|灼熱プールサイド:第6日目「更なる高みへ」
大会6日目。終盤にさしかかった。
週末になり、満員の観客に後押しされるようにレベルの高い記録が生まれた。

女子200m平泳ぎは、金藤理絵選手の一人舞台だった。
今季の好調を持続させ、日本選手として初めて2分20秒を破る2:19.65の日本記録を樹立。
また、男子200m個人メドレーでは、萩野公介選手が自信の日本記録を0.26短縮する1:55.07で優勝。
両者に共通したのは、「迷いが無い」泳ぎだった。
周りに左右されない、自分で考えていた泳ぎをそのままやったという泳ぎだった。
そして、これだけのレベルの記録がでる。リオでも同じような泳ぎが出来れば更なる記録が更新が期待できる。

女子200m平泳ぎでは、2位にこの種目でカザン世界水泳選手権で金メダルを獲得し代表入りを決めている渡部香生子選手が入った。並み居る強敵の中、状態の良くないところできっちり2位に入ったのは流石というところか。
これからリオへの道程に注目したい。
そして、男子200m個人メドレーは、2位に藤森太将選手が見事1:57.57の派遣標準突破する自己ベストで泳ぎ代表入りを決めた。本大会調子がいまひとつあがらない瀬戸大也選手の間隙をぬっての代表入りはお見事。
日本チームの層の厚さを感じさせる出来事だった。

男子200m背泳ぎは、入江陵介選手が1:56.30で手堅く優勝。2位にはラスト50mで見事なレースを見せた金子雅紀選手が派遣標準を突破する1:56.52で入った。準決勝で派遣標準を上回る記録で1位通過した砂間敬太選手は3位。
「決勝」できっちり結果を出すことの難しさを感じさせる結果だった。また、果敢に飛び出した白井裕樹選手の泳ぎには感銘を受けるものだった。

女子800m自由形は、個人メドレーが専門の高橋美帆選手が最初からトップを譲らず8:36.84で優勝。
低迷が続くこの種目に今回も光明は差さなかった。
2004年に樹立された日本記録とのは差は13秒(世界記録との差にいたっては29秒差だ)。
山田沙知子選手、柴田亜衣選手が引退してから後継者が見つからない状態が続いている。
この状況を打破するためには、巨大な才能の誕生を待たなければならないのだろうか?

準決勝は、男子50m自由形は1位通過、塩浦慎理選手22.25、2位通過に中村克選手22.29と手堅いメンバーが並んだ。3位通過に今大会の短距離自由形の台風の目、古賀淳也選手がどう絡むか注目?また、日本記録(21.88)派遣標準(21.87)突破に期待がかかる。

女子50m自由形は、2強時代を強く印象づけるレース。内田美希選手が25.20で1位通過、池江璃花子選手は25.30で2位位通過。注目は松本弥生選手と同着で3位通過している中学3年生、大内紗雪選手。

女子200m背泳ぎでは、100m背泳ぎ(リレー要員として)代表入りを決めている酒井夏海選手が2:10.00自己ベストでトップ通過10秒台4名、11秒台3名。の大激戦。

男子100mバタフライは藤井拓郎選手は52.22で1位通過、2位通過に川本武史選手52.59。3位通過に梅本雅之選手、4位通過に男子200mバタフライで代表入りを決めている坂井聖人選手がつけている。1〜8位まで52秒台で泳いでおり大接戦が予想される。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。