通販専門の総合水泳誌「月刊スイミングライフ」のHP
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|日本水泳選手権2010 終わりを迎えて
これで、全日程を終了した。
今大会は本当に難しかったと思う。
高速水着が規制され、慣れない予選・準決勝・決勝フォーマットで六日間開催。
そして、新しいスタート台が導入された。
しかし、沢山の課題を(いくらかの問題点があるが)乗り切った。
勝つべき選手が勝った。
記録は単純に昨年と比較できないが、今季の世界ランキングと比較する限り立派なレベルにある。
ほとんどの記録が2008年の記録を上回った。

パンパシフィック選手権でのある程度の活躍を予想することができる。
しかし、ロンドンまで考えたとき、まだまだ若手の勢いが足りない。
今年芽吹いた若手の芽をどう伸ばしていくのか?パンパシは大所帯での派遣が予定されている若手の経験の場として利用し、どれだけ有意義な大会とできるか。ここに今年1年のポイントがあると思う。

何はともあれ、高速水着という「祭り」の後片付けは終わった。
祭りが終わり現れた「本来の姿」も決してひどい物ではなかった事を2010年日本水泳選手権は示した。

さて、私も大阪に帰り日常に戻ります。
選手の皆さん、素晴らしレースをありがとう。役員の皆さんご苦労様でした。
HPを見てくださった皆さんもありがとうございました。
感想などお聞かせ願えれば幸いです。
もし、ご感想をお聞かせ願えるのであれば下のコメント欄によろしくお願いします。
それでは。
スポンサーサイト
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:男子100m平泳ぎ
浮き上がり頭一つ出る北島康介選手、しかし、そこから引き離せない。ラスト北島康介選手を追う立石諒選手・末永雄太選手。ラスト5m、立石諒選手が北島康介選手を捕らえ、7/100秒差で優勝。しかし、59秒台が二人泳ぐレベルの高いレース。
 1 立石 諒 慶應義塾大 89 59.84 派遣標準1突破
 2 北島 康介 コカ・コーラ 82 59.91 派遣標準1突破
 3 末永 雄太 T.アリーナ 85 1:00.30
 4 若月 哲也 筑波大 89 1:01.42
 5 斎藤 勇人 富士通 87 1:01.43
 6 冨田 尚弥 中京大 89 1:01.44
 7 岡凬晃一郎 自体校 86 1:01.78
 8 山田 猛士 イトマン 90 1:01.79
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:女子100m平泳ぎ
横一線から、後半抜けた鈴木選手が優勝。これで3冠達成。途中、鈴木選手をおっかけた田村菜々香選手は7位。
 1 鈴木 聡美 山梨学院大 91 1:07.64
 2 松島 美菜 セントラルスポーツ 91 1:08.44
 3 川辺芙美子 イトマン 84 1:08.45
 4 福留 景子 Nb  93 1:08.75
 5 小林明日香 秋田AC  92 1:08.87
 6 杉崎 可奈 スウィン大教 92 1:09.00
 7 田村菜々香 きらら山口 87 1:09.10
 8 野瀬 瞳九州共立大88 1:09.33
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:男子200mバタフライ
50mのターンは松田丈志選手・坂田龍亮選手・佐野秀匡選手、100m松田丈志選手が出始める 坂田龍亮選手・佐野秀匡選手が続く。2位争いが熾烈。松田丈志選手が逃げ切り優勝。2位争い熾烈。佐野秀匡選手が松田丈志選手を捕らえようとするが、ラスト浮いてしまい、その間隙を坂田龍亮選手が突いて2位。
 1 松田 丈志 東海SC 84 1:55.18
 2 坂田 龍亮 セントラルスポーツ 85 1:56.06
 3 金田 和也 金田SC 87 1:56.34
 4 佐野 秀匡 ミズノ 84 1:56.57
 5 野沢 拓矢 中央大 90 1:58.77
 6 小堀 勇気 能美SC 93 1:58.88
 7 宇津木尚史 セントラル目黒 88 1:59.20
 8 井土 清貴 富士通 87 1:59.23
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:女子200mバタフライ
星奈津美選手が飛び出す。杉野選手・真継選手が続く。100mのラップも星奈津美選手が取る。そのまま引き離しにかかる。杉野選手・真継選手が続く。そのまま星奈津美選手が2:07.27の好タイム(今季世界1位)で優勝。2位には杉野選手。しかし、星奈津美選手以外、10秒切れず。
 1 星 奈津美 スウィン大教 90 2:07.27
 2 杉野 紘子 枚方SS 91 2:10.32
 3 渡辺 耶唯 日大山形高校 92 2:12.06
 4 勝山 海輝 旭丘高校 94 2:12.09
 5 肱岡紗也佳 武庫川女子大 88 2:12.62
 6 南園 遥 ブリヂストン 90 2:13.13
 7 秋山 夏希 山梨学院大 91 2:13.35
 7 眞継奈緒子 武庫川女子大 89 2:13.35
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:男子100m自由形
スタートで岸田真幸選手が飛び出す。50mのターンは岸田真幸選手・藤井拓郎選手・伊藤真選手の順。
ターーんお浮き上がりから藤井拓郎選手がでる。そのまま、逃げ切る。5選手が49秒台のなかなかのレベル。
 1 藤井 拓郎 KONAMI  85 49.21
 2 奥村 幸大 イトマン 83 49.65
 3 原田 蘭丸 自体校 87 49.67
 4 伊藤 真 ミズノ 86 49.72
 5 岸田 真幸 キングソフト 85 49.77
 6 山元 啓照 自体校 87 50.07
 6 内田 翔 群馬ヤクルト 87 50.07
 8 佐藤 久佳 ミキハウス 87 50.15
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:女子100m自由形
横一線のスタート。50mのターンは上田春佳選手・松本弥生選手・萩原選手の順。
好調の二人がそのままリードを保って上田春佳選手ベストを1/100更新する54.87で優勝。松本弥生選手が2位。
 1 上田 春佳 東京SC  88 54.87
 2 松本 弥生 日本体育大 90 55.33
 3 萩原 智子 山梨学院 80 56.01
 4 伊藤 華英 セントラルスポーツ 85 56.02
 5 川上 真央 東京SC  94 56.21
 6 長谷川菜月 中京大 88 56.35
 7 村中まいか 鹿屋体育大 91 56.59
 8 内田 美希 スウィン館林 95 56.66
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:男子400m個人メドレー
50m、高桑健選手。瀬戸選手も積極的に絡む。100mのラップは高桑健・堀畑裕也・瀬戸選手。
背泳ぎ、堀畑裕也選手がするするっと出る。半身長リードでで200mラップを取る。350mを堀畑裕也が日本記録を上回るペース。300mも-0.11日本記録を上回る。350mで-0.15日本記録を上回る。4:12.02の見事な日本新で優勝。2位に萩野公介選手が入る。
 1 堀畑 裕也 日本体育大 90 4:12.02 日本新
 2 萩野 公介 御幸ヶ原SS 94 4:17.23
 3 高桑 健 自体校 85 4:17.85
 4 靍橋 佑太 日本大 90 4:18.14
 5 瀬戸 大也 JSS毛呂山 94 4:20.89
 6 藤森 太将 日本体育大 91 4:21.18
 7 伊藤 慶太 早稲田大 92 4:21.82
 8 鮫島 渓太 アテナAMC 91 4:21.88
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:女子400m個人メドレー
予選1位通過の大塚選手が飛び出す。坂井選手が100mのラップを取る。150m大塚選手・坂井選手・加藤和選手の順位。背泳ぎは大塚選手がリードで200m。平泳ぎで加藤和選手が大塚選手を捕らえると一気に突き放しにかかる。高橋美帆選手も大塚選手を捕らえる。300mを加藤和選手・高橋選手・大塚選手の順。逃げる加藤和選手。追う高橋美帆選手。ラスト25m根性比べ。タッチの差で加藤和選手。3位に高校1年生、大塚美優選手が入る大健闘。
 1 加藤 和 山梨学院 90 4:39.76
 2 高橋 美帆 イトマン京都 92 4:39.87
 3 大塚 美優 スウィン大宮 94 4:43.13
 4 藤野 舞子 FBインター 83 4:44.50
 5 五十嵐千尋 横浜サクラ 95 4:47.17
 6 坂井菜穂子 山梨学院大 88 4:47.44
 7 末永 京香 中京大 91 4:48.05
 8 渡辺 彩Nalu Aquatic93 4:51.52
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/18(日)|決勝:男子50m背泳ぎ
スタートから古賀淳也選手が飛びだしそのままトップを死守。入江陵介選手ラスト10m追うが届かず。
 1 古賀 淳也 稲泳会 87 24.86 標準1突破
 2 入江 陵介 イトマン 90 25.16
 3 氏林 倭人 中央大 90 25.90
 4 伊与部 嵩 KONAMI東日本 91 26.01
 5 大山 佳祐 イトマン 93 26.03
 6 宮尾 康寿 きらら山口 87 26.07
 7 長谷川純矢島田高校93 26.20
 8 渡邉 一樹 セントラルスポーツ 87 26.29