通販専門の総合水泳誌「月刊スイミングライフ」のHP
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|灼熱プールサイド2015 日本選手権編 終了
全てのレースが終了し、これで灼熱プールサイドも終了です。
(最終日の感想は新幹線の中で書きます。)

お付き合い頂きました皆さんありがとうございました。
感想などお聞かせ願えれば幸いです。
それでは、また。

これから大阪に帰ります。
スポンサーサイト
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|「大接戦」「大きな課題」
「大接戦」
最終日。午後の協議は全て決勝種目。
どのレースも熱戦だった。

特に、女子100m自由形、女子200m背泳ぎ、男子100mバタフライ、男子1500m自由形は接戦だった。
女子100m自由形は優勝した内田美希選手と4位の山口美咲選手の差が0.77。
女子200m背泳ぎは赤瀬紗也香選手と川除結花選手の差は0.05。
男子100mバタフライも藤井拓郎選手と川本武史選手の差は0.12。
そして、どの種目も第一人者と言われる選手が勝利した。

男子1500m自由形・男子100m自由形は第一人者や前年度チャンピオンを勢いある選手が下した。
男子1500m自由形は、優勝した平井彬嗣選手と2位の山本耕平選手との差が0.76。
男子100m自由形は優勝した中村克選手と塩浦慎理選手の差は0.09。

また、この日新しく川本武史選手が男子100mバタフライで派遣標準を突破し、代表入り内定を果たした。
見ていて面白い。最終日にふさわしいレースの数々だった。

また、ベテラン達はしぶといレースを見せた。
男子100mバタフライで藤井拓郎選手はラスト25m猛烈な追い上げて制した。
女子200m平泳ぎは金藤理絵選手が派遣標準1を突破する泳ぎで2位に入った。

勢いのある選手はその勢いのまま勝利を飾った。
女子200m平泳ぎでは渡部香生子選手が、今季世界ランキング1位に入る好タイムで優勝。
女子100m自由形は内田美希選手が日本記録に迫る好記録で優勝。
女子400m個人メドレーでは清水咲子選手が積極的な泳ぎで派遣標準2を突破するタイムで優勝した。

ラストの男子400m個人メドレーは、萩野公介選手がしっかり考えられたレースで4:08.54の好タイムで優勝。2位に瀬戸大也選手が4:10.97で入り、今季世界ランキング1・2を奪取した。
なんだか、事前に決められていたかのように。

「大きな課題」
何度も書いているように、日本のレベルは高い。
しかも、今日のレースのように接戦が多かった。
一部の選手が抜き出ているのではなく、層が厚くなっている。

それなのに、日本新が6日間を通じて二種目しか誕生しなかった。
かといって、よく言われるようにライバル同士が牽制し合い記録のレベルが低くなったとも思えない。

今年最大の目標であるカザン世界選手権に合わせるため、
日本選手権で記録を更新する必要がないという判断があったからだろうか?
しかし、だ。条件のよい、日本選手権(東京辰巳水泳場)で記録を更新せずに国際大会で更新出来るのか?
という疑問が残る。

日本記録のレベルが上がり、おいそれと更新する事ができなくなったからだろうか?

リオ五輪いや東京五輪という大きな目標に向け、課題の精査という意味でカザン世界選手権での日本チームのレースを見ていく必要がある。
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:男子400m個人メドレー
 1 萩野 公介 東洋大学 94 4:08.54 (944pt)・派遣標準1突破
 2 瀬戸 大也 JSS毛呂山 94 4:10.97 (917pt)・派遣標準1突破
 3 藤森 丈晴 日本体育大学 94 4:13.93 (885pt)
 4 砂間 敬太 イトマン 95 4:15.01 (874pt)
 5 堤 貴大 NSP  92 4:19.43 (830pt)
 6 中谷 尚樹 WakayamaST  91 4:21.37 (811pt)
 7 沖本凜太郎 自衛隊 91 4:22.97 (797pt)
 8 村川 諒 茗水会 92 4:23.55 (792pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子400m個人メドレー
 1 清水 咲子 ミキハウス 92 4:36.12 (918pt)・派遣標準2突破
 2 高橋 美帆 ミキハウス 92 4:38.13 (898pt)
 3 樋口 恵夢 セントラル浦安 96 4:40.42 (877pt)
 4 露内 若葉 東洋大学 95 4:42.66 (856pt)
 5 大塚 美優 日本体育大学 94 4:43.31 (850pt)
 6 岩嵜有加里 ダンロップスポーツ 93 4:44.30 (841pt)
 7 田中 瑞穂 イトマン 94 4:44.44 (840pt)
 8 松尾 美鈴 神奈川大学 93 4:47.80 (811pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子50mバタフライ
 1 池江璃花子 ルネサンス亀戸 00 26.49 (847pt)
 2 黒木満佐子 中央大学 93 26.78 (820pt)
 2 福田 智代 コナミスポーツクラブ 89 26.78 (820pt)
 4 細田 梨乃 コナミスポーツクラブ 95 26.94 (805pt)
 5 小林明日香 茗水会 92 27.04 (796pt)
 6 播磨 季美 日本体育大学 93 27.05 (796pt)
 7 平山友貴奈 筑波大学 95 27.09 (792pt)
 8 藪 仁美 日本女子体大 93 27.10 (791pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子200m平泳ぎ
 1 渡部香生子 JSS立石 96 2:20.90 (962pt)・派遣標準1突破
 2 金藤 理絵Jaked 88 2:21.90 (942pt)・派遣標準1突破
 3 今井 月 本巣SS  00 2:23.55 中学新910
 4 青木玲緒樹 東洋大学 95 2:25.43 (875pt)
 5 福留 景子 鹿屋体育大学93 2:25.54 (873pt)
 6 福留 尚子 ミズノ 89 2:26.43 (857pt)
 7 茂木 美桜 イトマン 94 2:26.64 (853pt)
 8 宮坂 倖乃 コナミ北浦和 00 2:26.84 (850pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:男子100mバタフライ
 1 藤井 拓郎 コナミスポーツクラブ 85 51.77 (891pt)・派遣標準2突破
 2 川本 武史 中京大学 95 51.89 (885pt)・派遣標準2突破
 3 梅本 雅之 慶應義塾大学 94 52.48 (855pt)
 4 平井 健太 セントラルスポーツ 94 52.55 (852pt)
 5 安江 貴哉 日本大学 96 52.83 (838pt)
 6 岸田 真幸 アクラブ調布 85 53.04 (828pt)
 7 浜谷 憲周 順天堂大学 94 53.30 (816pt)
 8 高桑 健 自衛隊 85 53.37 (813pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子200m背泳ぎ
 1 赤瀬紗也香 日本体育大学 94 2:11.01 (849pt)
 2 川除 結花 日本体育大学 93 2:11.06 (848pt)
 3 酒井 夏海 スウィン南越谷 01 2:11.09 (847pt)
 4 齋藤ゆり子 スウィン館林 96 2:11.48 (840pt)
 5 神村万里恵 セントラル成瀬 94 2:12.28 (824pt)
 6 西脇 怜奈 筑波大学 96 2:12.49 (821pt)
 7 山下 安輝 山梨学院大学 93 2:13.17 (808pt)
 8 中村 桃子 法政大学 93 2:13.38 (804pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子200m背泳ぎ
【決勝:女子200m背泳ぎ】(1)赤瀬紗也香2:11.01(2)川除2:11.06(3)酒井夏海2:11.09
http://swimmingview.net/news/
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:男子100m自由形
 1 中村 克 早稲田大学 94 48.78 (889pt)
 2 塩浦 慎理 イトマン東進 91 48.86 (884pt)
 3 丸山 徹 スウィン埼玉 95 49.48 (852pt)
 4 伊藤 健太 ミキハウス 90 49.57 (847pt)
 5 原田 蘭丸 自衛隊 87 49.58 (846pt)
 5 坂田 怜央 イトマン近大 96 49.58 (846pt)
 7 古賀 淳也 第一三共 87 49.80 (835pt)
 8 小松 巧 日本大学 94 50.05 (823pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:女子100m自由形
 1 内田 美希 東洋大学 95 54.15 (889pt)
 2 松本 弥生 ミキハウス 90 54.34 (879pt)
 3 池江璃花子 ルネサンス亀戸 00 26.16 54.76 中学新859
 4 山口 美咲 イトマン 90 54.92 (852pt)
 5 五十嵐千尋 日本体育大学 95 55.25 (837pt)
 6 山根 優衣 セントラルスポーツ 94 55.30 (834pt)
 7 青木 智美 ATSC.YW  94 55.48 (826pt)
 8 持田 早智 ルネサンス幕張 99 55.87 (809pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】決勝:男子1500m自由形
 1 平井 彬嗣 明治大学 93 大4 7:57.39 15:01.78 (901pt)
 2 山本 耕平 ミズノ 91 15:02.52 (898pt)
 3 竹田 渉瑚 イトマン 95 大3 8:05.99 15:11.15 (873pt)
 4 瀧口 陽平 JSS長岡 92 15:13.48 (866pt)
 5 宮本 陽輔 自衛隊 90 15:17.12 (856pt)
 6 江原 騎士 山梨学院大学 93 大4 8:03.23 15:22.19 (842pt)
 7 日髙 郁弥 中京大学 94 大4 8:10.37 15:25.52 (833pt)
 8 仲家 槙吾 アクラブ調布 96 大1 8:14.59 15:34.47 (809pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|【速報】タイム決勝:女子1500m自由形
 1 菊池 優奈 東洋大学 95 大2 8:46.04 16:25.92 (850pt)
 2 佐藤 千夏 スウィン大教 99 高1 8:44.29 16:34.36 (829pt)
 3 和田 麻里 中京大学 94 大3 8:49.38 16:39.72 (816pt)
 4 森山 幸美 日本体育大学 96 大1 8:53.60 16:41.96 (810pt)
 5 岩永 美里 ATSC.YW  90 16:42.08 (810pt)
 6 貴田 裕美 コナミスポーツクラブ 85 16:47.21 (797pt)
 7 吉岡 理沙 ニッシンSS  95 16:50.92 (789pt)
 8 濱田 結菜 須磨学園高校 97 16:51.77 (787pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|日本選手権:第5日目終了時点のチームランキング
決勝1位8点〜8位1点で計算しました。
 1 東洋大学 93pt
 2 ミキハウス 80pt
 3 中京大学 57pt
 4 日本体育大学 50pt
 5 セントラルスポーツ 35pt
 6 自衛隊 30pt
 7 イトマン 27pt
 7 コナミスポーツクラブ 27pt
 7 早稲田大学 27pt
 10 ミズノ 25pt
 11 JSS立石 24pt
 11 イトマン東進 24pt
 13 JSS毛呂山 22pt
 14 山梨学院大学 17pt
 15 YURAS 14pt
 15 スウィン大教 14pt
 15 ルネサンス亀戸 14pt
 18 第一三共 13pt
 19 中央大学 11pt
 20 ATSC.YW 10pt
 20 アクラブ調布 10pt
 20 コナミ北浦和 10pt
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/12(日)|日本選手権:第5日目終了時点のFINAポイントランキング
あらかたの予想通り、昨日ビックレースを見せてくれた小関也朱篤選手がトップに立ちました。

 1位 決勝:男子200m平泳ぎ 1 小関也朱篤 92 02:07.77 982pt
 2位 決勝:男子200m平泳ぎ 2 立石諒 89 02:09.54 942pt
 3位 決勝:男子100m背泳ぎ 1 入江陵介 90 00:52.99 941pt
 3位 決勝:男子200m個人メドレー 1 萩野公介 94 01:56.30 941pt
 5位 決勝:男子100m平泳ぎ 1 小関也朱篤 92 00:59.73 937pt
 5位 決勝:男子200m平泳ぎ 3 小日向一輝 94 02:09.77 937pt
 7位 決勝:男子400m自由形 1 萩野公介 94 03:45.19 933pt
 8位 決勝:男子200m個人メドレー 2 瀬戸大也 94 01:56.82 929pt
 9位 決勝:男子200m平泳ぎ 4 山口観弘 94 02:10.29 926pt
 10位 決勝:男子100m平泳ぎ 2 立石諒 89 01:00.04 923pt
 10位 決勝:男子200m背泳ぎ 1 入江陵介 90 01:54.93 923pt
 10位 決勝:男子200m平泳ぎ 5 渡辺一平 97 02:10.44 923pt
 13位 決勝:男子200mバタフライ 1 瀬戸大也 94 01:54.63 920pt
 14位 決勝:女子200m個人メドレー 1 渡部香生子 96 02:09.81 917pt
 15位 決勝:男子100m平泳ぎ 3 北島康介 82 01:00.18 916pt
 16位 決勝:男子200m平泳ぎ 6 渡辺隼斗 93 02:10.87 914pt
 17位 決勝:男子100m背泳ぎ 2 金子雅紀 92 00:53.56 911pt
 18位 決勝:男子200m平泳ぎ 7 渡邊一輝 94 02:11.02 910pt
 19位 決勝:女子100m平泳ぎ 1 渡部香生子 96 01:06.45 908pt
 20位 決勝:男子200mバタフライ 2 坂井聖人 95 01:55.23 906
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|「トップの責任」「静かなる変化」

今日の天気は、昨日の冷たく辛い雨から持ち直し、日が差すほどではないが回復の兆しが見えた。

女子200mバタフライではこの種目5連覇中で日本記録保持者の星奈津美選手が、いきなり飛びだしそのまま逃げ切った。
星奈津美選手は昨年11月に甲状腺の手術を受け、まだ万全な状態では無いはずだ。
確かに100mバタフライはそれなりの結果だった、しかし、体力が必要な200mバタフライは持つのか?という不安。
ライバルの状況を見ると無理せずとも勝てるのではないか?という状況を合わせると、何も無理するは無いと思う。
しかし、日本記録を上回るペースで飛び出した。
きっと「トップ選手としての責任」を感じたのでは無いだろうか。今大会は女子の若手選手の台頭が見られる。
彼女たちに伝えたいモノがあったんじゃないか。「私に着いてこい」と。(結局、誰も着いてこれなかったけど)
星奈津美選手のトップ選手としての思いが出たレースだった。このレースを見てまだ、しばらく女子バタフライは星奈津美選手の時代が続くだろうと思った。

男子200m平泳ぎでも、素晴らしいレースが行われた。
小関也朱篤選手がスタートから飛びだし、150mまで世界記録を上回ったのだ。
このレースは小関也朱篤選手を筆頭に、メダリスト立石諒選手、世界記録保持者・山口観弘選手、準決勝を9秒台で泳いだ大型新人・渡辺一平選手、パンパシ代表の小日向一輝選手と力の均衡した選手が揃ったレースだった。人によっては「様子を見る」という選択をした選手もいたと思う。
しかし、小関也朱篤選手の思惑はそんな次元になかった。「世界記録更新」そうすればレースに勝てる。そう選択した。
そして、それは正しいチャレンジだった。今回の初めて7秒台で泳いだことで世界記録更新のための課題が見えたことだろう。次のレースが楽しみになった。しかし、2位に入った立石諒選手。良い意味で「しつこい」選手だ。どうあっても良いところに入ってくる。

女子800m自由形は積極的なレースで高校1年生の佐藤千夏選手が2連覇中の地田麻未選手らを押さえ、優勝。タイムは8:33.71と、派遣標準8:25.71にほど遠いが、まだ、若い一歩一歩近づいて貰いたい。
男子200m背泳ぎでは頭一つ抜けた実力者の入江陵介選手が鉄板の勝利。2位に今年、絶好調の金子雅紀選手が派遣標準2を突破する1:56.70で入った。
正直、派手さはないが、じっくりと始まった「静かな変化」を感じた。

静かな変化は準決勝にもあった。
複数の選手が派遣標準突破を目指す女子200m平泳ぎ。1位通過は今井月選手だった。
男子100mバタフライの1位通過は今大会絶好調の川本武史選手だった。この種目第1人者の藤井拓郎選手が2位通過。力をつけている梅本雅之選手が3位通過。
女子200m背泳ぎは赤瀬紗也香選手を押さえ川除結花選手が1位通過。3位通過には中学2年生・酒井夏海選手が入っている。
確かに各種目の第一人者は強い。しかし,守りに入るとひっくり返る。
ひょっとすると「静かな変化」が「大きな変化」への序章なのかもしれない(そして、そうあることを願っている。)。

スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】決勝:男子200m平泳ぎ
 1 小関也朱篤 ミキハウス 92 2:07.77 (982pt)派遣標準1突破
 2 立石 諒 ミキハウス 89 2:09.54 (942pt)派遣標準2突破
 3 小日向一輝 セントラルスポーツ 94 2:09.77 (937pt)
 4 山口 観弘 東洋大学 94 2:10.29 (926pt)
 5 渡辺 一平 早稲田大学 97 2:10.44 (923pt)
 6 渡辺 隼斗 日本体育大学 93 2:10.87 (914pt)
 7 渡邊 一輝 法政大学 94 2:11.02 (910pt)
 8 高橋 幸大 コナミスポーツクラブ 92 2:11.31 (904pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】決勝:男子200m背泳ぎ
 1 入江 陵介 イトマン東進 90 1:54.93 (923pt)・派遣標準1突破
 2 金子 雅紀 YURAS  92 1:56.70 (882pt)・派遣標準2突破
 3 松原 颯 ANA  91 1:58.05 (852pt)
 4 白井 裕樹 ミズノ 89 1:58.13 (850pt)
 5 江戸 勇馬 中京大学 93 1:59.36 (824pt)
 6 砂間 敬太 イトマン 95 2:00.01 (811pt)
 7 西村 駿弥 同志社大学 94 2:01.03 (790pt)
 8 渡邉 一樹 セントラルスポーツ 87 2:01.05 (790pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】決勝:女子800m自由形
 1 佐藤 千夏 スウィン大教 99 8:33.71 (873pt)
 2 和田 麻里 中京大学 94 8:34.73 (867pt)
 3 地田 麻未 東洋大学 93 8:35.29 (865pt)
 4 菊池 優奈 東洋大学 95 8:37.51 (854pt)
 5 岩永 美里 ATSC.YW  90 8:46.66 (810pt)
 6 貴田 裕美 コナミスポーツクラブ 85 8:49.52 (797pt)
 7 松浦 由佳 山梨学院大学 95 8:50.89 (791pt)
 8 金森 菜月富山SC 98 8:51.66 (787pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】準決勝:女子200m平泳ぎ
 1 今井 月 本巣SS  00 2:24.37 (894pt)
 2 金藤 理絵Jaked 88 2:24.85 (885pt)
 3 渡部香生子 JSS立石 96 2:24.92 (884pt)
 4 青木玲緒樹 東洋大学 95 2:26.25 (860pt)
 5 宮坂 倖乃 コナミ北浦和 00 2:26.40 (857pt)
 5 福留 景子 鹿屋体育大学93 2:26.40 (857pt)
 7 茂木 美桜 イトマン 94 2:26.51 (855pt)
 8 福留 尚子 ミズノ 89 2:26.88 (849pt)
 9 黒岩 紗耶 神奈川大学 94 2:27.61 (837pt)
 10 齋藤 咲恵 豊川高 校98 2:27.80 (833pt)
 11 服部 友香 専修大学 96 2:27.82 (833pt)
 12 浜野 麻綾 法政大学 93 2:27.91 (831pt)
 13 松原空彩虹 豊川高 校98 2:28.90 (815pt)
 14 横田 早桜 スウィン大宮西 00 2:29.03 (813pt)
 15 千田舞奈美 スウィン鷲宮 98 2:30.17 (794pt)
 16 細越 智 東海大学 94 2:30.56 (788pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】準決勝:男子100mバタフライ
 1 川本 武史 中京大学 95 52.04 (877pt)
 2 藤井 拓郎 コナミスポーツクラブ 85 52.15 (871pt)
 3 梅本 雅之 慶應義塾大学 94 52.47 (856pt)
 4 平井 健太 セントラルスポーツ 94 52.84 (838pt)
 5 安江 貴哉 日本大学 96 53.08 (826pt)
 6 浜谷 憲周 順天堂大学 94 53.11 (825pt)
 7 岸田 真幸 アクラブ調布 85 53.19 (821pt)
 8 高桑 健 自衛隊 85 53.22 (820pt)
 9 三好 悠介 東洋大学 96 53.23 (819pt)
 10 坂井 聖人 早稲田大学 95 53.27 (818pt)
 11 岸 一也 中京大学 93 53.35 (814pt)
 11 田口 雅司 アーデル 96 53.35 (814pt)
 13 松田 丈志セガサミー84 53.38 (812pt)
 14 和田 有真 中京大学 95 53.46 (809pt)
 15 井田 憲吾 自衛隊 91 53.93 (788pt)
 16 小野川 旭 山梨学院大学 94 54.25 (774pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】準決勝:女子200m背泳ぎ
 1 川除 結花 日本体育大学 93 2:10.39 (861pt)
 2 赤瀬紗也香 日本体育大学 94 2:11.25 (844pt)
 3 酒井 夏海 スウィン南越谷 01 2:11.84 (833pt)
 4 齋藤ゆり子 スウィン館林 96 2:11.95 (831pt)
 5 神村万里恵 セントラル成瀬 94 2:12.10 (828pt)
 6 西脇 怜奈 筑波大学 96 2:12.28 (824pt)
 7 中村 桃子 法政大学 93 2:12.56 (819pt)
 8 山下 安輝 山梨学院大学 93 2:12.58 (819pt)
 9 酒井 志穗 ミキハウス 90 2:12.89 (813pt)
 10 杉山 華彩 とこはSS  98 2:13.51 (802pt)
 11 後藤真由子 神奈川大学 95 2:13.88 (795pt)
 11 吉田真希子 セントラル目黒 99 2:13.88 (795pt)
 13 小堀 倭加 相模原DC  00 2:14.38 (786pt)
 14 寺本 瑠美 神奈川大学 96 2:14.64 (782pt)
 15 小西 杏奈 中京大学 96 2:14.87 (778pt)
 16 古林 毬菜 日大山形高校 98 2:16.14 (756pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】準決勝:男子100m自由形
 1 塩浦 慎理 イトマン東進 91 48.69 (894pt)
 2 中村 克 早稲田大学 94 49.22 (865pt)
 3 丸山 徹 スウィン埼玉 95 49.53 (849pt)
 4 坂田 怜央 イトマン近大 96 49.55 (848pt)
 5 原田 蘭丸 自衛隊 87 49.86 (832pt)
 6 小松 巧 日本大学 94 49.89 (831pt)
 7 伊藤 健太 ミキハウス 90 50.05 (823pt)
 8 古賀 淳也 第一三共 87 50.07 (822pt)
 9 石橋 千彰 ミズノ 91 50.20 (815pt)
 10 川内 勇輝 自衛隊 86 50.25 (813pt)
 11 伊澤 賢司 JFE京浜 92 50.31 (810pt)
 12 荒木 優介 早稲田大学 94 50.35 (808pt)
 13 溝畑 樹蘭 コナミ西宮 98 50.45 (803pt)
 14 松井 浩亮 新潟医福大 94 50.73 (790pt)
 15 松元 克央 セントラルスポーツ 97 50.74 (790pt)
 16 山元 啓照 海自下総 87 50.96 (780pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【速報】準決勝:女子100m自由形
 1 内田 美希 東洋大学 95 54.37 (878pt)
 2 松本 弥生 ミキハウス 90 54.67 (864pt)
 3 池江璃花子 ルネサンス亀戸 00 26.87 55.07 中学新845
 4 山口 美咲 イトマン 90 55.26 (836pt)
 5 五十嵐千尋 日本体育大学 95 55.42 (829pt)
 6 山根 優衣 セントラルスポーツ 94 55.55 (823pt)
 7 持田 早智 ルネサンス幕張 99 55.63 (820pt)
 8 青木 智美 ATSC.YW  94 55.89 (808pt)
 9 佐藤 綾 新潟医福大 94 56.08 (800pt)
 10 住吉 茉莉 柏洋・柏 93 56.15 (797pt)
 11 宮本 靖子 東洋大学 94 56.40 (786pt)
 12 田尾優里香 日本体育大学 93 56.71 (774pt)
 13 高野 綾 イトマン 94 56.76 (772pt)
 14 山本茉由佳 ルネサンス亀戸 00 56.82 (769pt)
 15 小林 奈央 初芝SS  93 56.93 (765pt)
 16 瀧口 真帆 中央大学 95 57.31 (750pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【日本選手権第4日終了時点】チームランキング
決勝1位・8点〜8位・1点として、チームランキングを作ってみました。

 1位 東洋大学 77
 2位 ミキハウス 65
 3位 中京大学 46
 3位 日本体育大学 46
 5位 セントラルスポーツ 28
 6位 自衛隊 25
 7位 JSS立石 24
 7位 イトマン 24
 9位 コナミスポーツクラブ 23
 9位 早稲田大学 23
 11位 JSS毛呂山 22
 12位 イトマン東進 16
 13位 山梨学院大学 15
 14位 ルネサンス亀戸 14
 15位 第一三共 13
 16位 ミズノ 12
 17位 中央大学 11
 18位 アクラブ調布 10
 18位 コナミ北浦和 10
 18位 東京SC 10
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/11(土)|【第4日目終了時点】FINAポイントランキング

 1 決勝:男子100m背泳ぎ 1 入江陵介 90 00:52.99 941pt
 1 決勝:男子200m個人メドレー 1 萩野公介 94 01:56.30 941pt
 3 決勝:男子100m平泳ぎ 1 小関也朱篤 92 00:59.73 937pt
 4 決勝:男子400m自由形 1 萩野公介 94 03:45.19 933pt
 5 決勝:男子200m個人メドレー 2 瀬戸大也 94 01:56.82 929pt
 6 決勝:男子100m平泳ぎ 2 立石諒 89 01:00.04 923pt
 7 決勝:男子200mバタフライ 1 瀬戸大也 94 01:54.63 920pt
 8 決勝:女子200m個人メドレー 1 渡部香生子 96 02:09.81 917pt
 9 決勝:男子100m平泳ぎ 3 北島康介 82 01:00.18 916pt
 10 決勝:男子100m背泳ぎ 2 金子雅紀 92 00:53.56 911pt
 11 決勝:女子100m平泳ぎ 1 渡部香生子 96 01:06.45 908pt
 12 決勝:男子200mバタフライ 2 坂井聖人 95 01:55.23 906pt
 13 決勝:男子200m個人メドレー 3 藤森太将 91 01:58.14 898pt
 14 決勝:男子200m自由形 1 萩野公介 94 01:45.82 895pt
 15 決勝:男子400m自由形 2 宮本陽輔 90 03:48.58 892pt
 16 決勝:男子400m自由形 3 江原騎士 93 03:48.70 891pt
 17 決勝:男子100m平泳ぎ 4 小日向一輝 94 01:00.76 890pt
 18 決勝:男子100m背泳ぎ 3 長谷川純矢 93 00:54.00 889pt
 18 決勝:男子50m平泳ぎ 1 崎本浩成 84 00:27.68 889pt
 20 決勝:男子400m自由形 4 天井翼 94 03:48.92 888pt
 20 決勝:男子100m平泳ぎ 5 山口観弘 94 01:00.82 888pt
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(金)|第4日目:可能性
日本選手権も後半戦に入った。
前半戦を振り返って、第一人者の手堅いレースや注目された女子中学生の活躍など、見るべきものがあった。
しかし、その反面。
日本記録更新が女子50m自由形の内田美希選手のレースのみだったり、世界選手権代表内定の少なさ、男子の若手に元気がなかったり、物足りなさも感じていたのも事実だ。

しかし、この日、新たなメダル獲得の可能性を感じることができた。
女子200m個人メドレーで渡部香生子選手がこの種目で日本人として初めて10秒台を破る2:09.81の日本新を樹立した。
前半からレースをひっぱり、得意の平泳ぎで他の選手を引き離し、ラスト自由形も崩れること無く泳ぐことが出来ていた。今大会の彼女を見ると、かなりカラダが大きくなっている。筋力がきっちり付いたことの証明だろう。しかし、カラダを大きくすることで泳ぎを崩すことが多い。それを見事にクリアーしてきた事は素晴らしいことだ。
このタイムはバルセロナ世界選手権4位相当、ロンドン五輪5位相当だ。いよいよメダル圏内に入ってきた。

女子50m自由形では、池江璃花子選手が連日の中学新を樹立。
決勝の場でも、全く物怖じしない泳ぎには感服する。
これからこの1年のレース、そして来年のリオ五輪選考会にかけてのレースがキーポイントになる。
この勢いを止めないで欲しい。

準決勝では、男子200m平泳ぎで注目の若手、渡辺一平選手が2:09.89の自己ベストを記録し2位通過を果たした。
100m平泳ぎは予選で敗退したがここできっちりと復活してきた。決勝はどんなレースを見せてくれるだろう。

男子200mバタフライでは、松田丈志選手が印象深いレースを展開した。
いきなり飛びだし、勝負を賭けたのだ。
あまり調子が良くなかったのだろう。今回は200m自由形を欠場し、この種目一本にかけてきた。
どんな思いで飛び出したのだろう。メダリストとしてみっともないレースをしたくないという思いだったろうか?
レベルが均衡し牽制しがちな後輩達へレースを引っ張ることで先輩としての姿勢を示したのだろうか?
どちらにしろ、長年この種目を引っ張ってきた彼ならではのレースだった。

男子200mバタフライはラスト50mをうまく上げた瀬戸大也選手が1:54.63の今季世界ランキング1位の好タイムで優勝。2位の坂井聖人選手も派遣標準を突破し世界選手権代表を内定した。

女子50m自由形は、準決勝で日本記録を樹立し、決勝でも更新が期待された内田美希選手が25.01で優勝。2位にベテラン松本弥生選手が25.19で入った。

男子200m個人メドレーでは、背泳ぎで先行する萩野公介選手を、平泳ぎ・自由形で追う瀬戸大也選手。
いつもながらのレース展開だが、追う瀬戸大也選手の気迫を感じられた。瀬戸大也選手は1:56.82の自己ベスト。

準決勝では、女子200mバタフライは星奈津美選手、男子200m背泳ぎ入江陵介選手、男子200m平泳ぎは小関也朱篤選手と各種目の第1人者が順調に1位通過を果たした。



スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(金)|【速報】決勝:男子200m個人メドレー
 1 萩野 公介 東洋大学 94 1:56.30 (941pt)・派遣標準1突破
 2 瀬戸 大也 JSS毛呂山 94 1:56.82 (929pt)・派遣標準1突破
 3 藤森 太将 ミキハウス 91 1:58.14 (898pt)
 4 砂間 敬太 イトマン 95 1:58.64 (887pt)
 5 藤森 丈晴 日本体育大学 94 1:59.36 (871pt)
 6 堤 貴大 NSP  92 2:00.66 (843pt)
 7 溝畑 樹蘭 コナミ西宮 98 2:01.14 (833pt)
 8 高橋航太郎 鹿屋体育大学94 2:01.94 (817pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(金)|【速報】決勝:女子200m個人メドレー
 1 渡部香生子 JSS立石 96 2:09.81 日本新917
 2 清水 咲子 ミキハウス 92 2:11.96 (873pt)
 3 大本 里佳 イトマン 97 2:12.14 (870pt)
 4 高橋 美帆 ミキハウス 92 2:13.06 (852pt)
 5 牧野 紘子 東京ドーム 99 2:13.17 (850pt)
 6 大塚 美優 日本体育大学 94 2:13.85 (837pt)
 7 寺村 美穂 セントラルスポーツ 94 2:14.10 (832pt)
 8 樋口 恵夢 セントラル浦安 96 2:14.55 (824pt)
スイミングライフとはスイミングライフを購入する
04/10(金)|【速報】決勝:男子50m自由形
 1 塩浦 慎理 イトマン東進 91 22.15 (841pt)
 2 中村 克 早稲田大学 94 22.34 (819pt)
 3 伊藤 健太 ミキハウス 90 22.48 (804pt)
 4 原田 蘭丸 自衛隊 87 22.63 (788pt)
 5 冨田 一穂WakayamaST 91 22.67 (784pt)
 6 岸田 真幸 アクラブ調布 85 22.78 (773pt)
 7 川内 勇輝 自衛隊 86 22.85 (766pt)
 8 松井 浩亮 新潟医福大 94 22.89 (762pt)